これからは筆記試験の学習について書いていきたいと思います。
内容としては、勉強方法、過去問分析、一問一答のようなものを考えています。

過去問解説などは意外とありふれているため、市販の教材にもなく他のサイトにもないような内容を書いていけたらと考えています。
一問足りずに不合格ということもよく聞くため(私も同じでした)、その一問を補えるようなブログを目指しています。

よかったら時々見に来てくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

今回はまず、保育士資格を取得するための4つの学習手段について紹介します。


1.大学や専門学校に通う

2.通信制大学

3.通信講座

4.独学


このブログは3や4のように自分で勉強して保育士試験を受験する方向けとなりますが、1や2についても解説します。



1.大学や専門学校に通う

いわゆる指定保育士養成施設に通うという学習手段です。
卒業すると保育士資格が取得できる仕組みとなり、学校によっては幼稚園教諭の免許と保育士資格が両方取得できる場合もあります。

卒業=保育士資格取得というのはメリットですが、お金も時間もかかり、すでに働いている社会人にとって現実的には難しいところです。

厚生労働省の発表によると、平成30年4月1日時点では全国に684カ所ありました。
684の施設ということではなく、

例えば
「東京家政大学家政学部児童学科児童学専攻」
「東京家政大学家政学部児童学科育児支援専攻」
のように、同じ学校でも専攻や学科が異なると、別々にカウントされています。

学費は施設によって異なりますが、東京家政大学家政学部児童学科の初年度納付金は137万円で、4年間では400万以上かかることになります。

また、短大、専門学校であれば期間も短いため、学費も抑えられます。



2.通信制大学

指定保育士養成施設には全国に20カ所の通信制の大学、専門学校があり、こちらも卒業=保育士資格取得です。

指定保育士養成施設の1つである千葉県の「聖徳大学通信教育部」について調べたところ、年2回のタイミングで入学できる、入学試験なし、4年間の学費合計60万円などの特徴がありました。
また、他大学を卒業している方は3年次編入となり、2年間の学費の合計は32万円です。
通学型の学校と比べると、学費が安いことがメリットですね。

通信制といっても何日かは通学することもありますが、基本的には在宅での学習ですので、働きながら、育児をしながらなど、いろいろな環境で学習を進めることができます。
しかし、課題が多く、卒業が難しいというデメリットもあります。


3.通信講座

保育士試験のための通信講座を提供している会社がいくつかあります。

自分で教材を用意する必要がなく、学習範囲をしっかりとカバーしたテキストが届き、どのように進めたらよいかという学習方法なども記載されています。
全ての科目をセットで用意している「ユーキャン」や、一科目から受講できる「四谷学院」など、自分に合った講座を選択することができます。

費用は5、6万ほどになり、教育訓練給付制度が量できる場合があります。
教育訓練給付制度とは、簡単にいうと民間企業で働いている人を対象とした受講割引制度で、申請すると学費の20%が戻ります。
申請するだけで戻ってくるわけではなく、添削課題をきちんと提出することなどの条件があるため、しっかり勉強をしなければなりません。

各社の比較もできればやってみたいと思います。



4.独学で学ぶ

自分で教材を選んだり、ネットで調べたりして学ぶスタイルです。
全国保育士養成協議会では過去問が5年分載っています。
また過去問を解説しているサイトもありますので、解き方の参考になるかもしれません。

自分の知りたいことをすぐに探すことができるような「ネット検索が得意」という方は、様々なサイトを利用しながら勉強することができますね。
ネットを辞書代わり、参考書代わりに使うことができる方は、効率的に学習できるかもしれません。
保育士試験に関する法令や資料も全てネットに載っていますので、過去問をもとに隅々まで学習することが可能です。
 
何かメインとなる教材を一つ購入してそれで基礎を固め、ホームページの過去問を解いて実力をつけていくようなスタイルになります。
このブログでは主に独学で学習される方をサポートできればいいなと考えています。




以上、保育士試験取得のための学習手段でした。
自分に合った学習方法で、確実に保育士資格を取得したいですね。