平成26年〜平成31年前期まで「社会的養護」に出題された資料をあげました。


                は、施設や里親の運営・養育指針です。
                は、最も多く出題された「児童養護施設入所児童等調査結果」です。

31年前期

児童養護施設運営指針

情緒障害児短期治療施設運営指針

社会的養護関係施設における親子関係再構築支援ガイドライン


平成30年後期

里親委託ガイドライン

被措置児童等虐待対応ガイドライン



平成30年前期

児童養護施設運営指針

乳児院運営指針



平成29年後期

里親及びファミリーホーム養育指針

母子生活支援施設運営指針



平成29年前期

児童養護施設入所児童等調査結果

児童養護施設運営指針



平成28年後期

児童養護施設入所児童等調査結果

社会的養護関係施設における親子関係再構築支援ガイドライン

児童養護施設等の小規模化及び家庭的養護の推進のために(概要)

社会的養護の課題と将来像

平成28年前期

児童養護施設入所児童等調査結果




平成27年地域限定

児童養護施設入所児童等調査結果




平成27

児童養護施設入所児童等調査結果




平成26年再

児童養護施設入所児童等調査結果




平成26

平成24年度における被措置児童等虐待届出等制度の実施状況

被措置児童等虐待対応ガイドライン



平成30年神奈川県

被措置児童等虐待対応ガイドライン

社会的養護の推進に向けて

社会的養護の課題と将来像


平成29年神奈川県

児童養護施設入所児童等調査結果

社会的養護の推進に向けて




今回は平成30年後期に出題された「里親委託ガイドライン」についてみていきます。

 


「里親委託ガイドライン」
「里親委託ガイドライン」は、厚生労働省のホームページの後半の方の「里親制度等について」にあります。
名前の通り、里親制度を運営するためのガイドライン(指針)です。

全部で10項目が定められています。

1 里親委託の意義
2 里親委託の原則
3 里親委託する子ども
4 保護者の理解
5 里親への委託
6 里親の認定・登録について
7 里親家庭への支援
8 子どもの権利擁護
9 里親制度の普及と理解の促進
10 里親委託及び里親支援の体制整備

平成23年に定められた後も何度か改正し、最近では平成30年3月に改定されています。
平成30年の改正箇所については、「里親委託ガイドラインについて」の一部改正についてで確認ができます。
数カ所のみの修正で、大きな改正ではありません。

では過去問を確認します。




過去問分析
平成30年後期は、資料の一部の穴埋め問題でした。

家族は、社会の基本的集団であり、家族を基本とした家庭は子どもの成長、福祉及び保護にとって 最も自然な環境である。このため、保護者による養育が不十分又は養育を受けることが望めない( A )のすべての子どもの( B )は、( C )が望ましく、養子縁組里親を含む( D ) を原則として検討する。特に、乳幼児は安定した家族の関係の中で、愛着関係の基礎を作る時期であり、子どもが安心できる、温かく安定した家庭で養育されることが大切である。

(組み合わせ)
           A                     B               C               D
1 社会的養育     補完的養護  家庭養護    里親委託
2 社会的養護     代替的養護  家庭養護    里親委託
3 社会的養育     代替的養護  家庭的養護 里親委託
4 社会的養護     補完的養護  家庭的養護 特別養子縁組
5 社会的養育     代替的養護  家庭養護     特別養子縁組

これは、「2 里親委託の原則」からの出題で、答えは2です。
2と3はCの部分が「家庭養護」「家庭的養護」の違いだけなので、迷いやすく、間違えやすいところです。
里親やファミリーホームは、施設養護に対して「家庭養護」ということを理解します。

A 社会的養護が入ります。
保護者のない児童や保護者に監護させることが適当でない児童を社会的に養育することが社会的養護ですね。

B 代替的養護が入ります。
家庭の役割の一部を補うような補完的な養護ではなく、家庭の代わりとなるという代替的養護です。

C ここでは里親委託を原則とした説明となりますので、家庭養護が入ります。
間違いやすい語句である「家庭養護」「家庭的養護」が選択肢に並んでいます。
これは、前回の記事である資料「社会的養護の課題と将来像」で説明していますね。

家庭養護

里親、ファミリーホーム

施設養護

施設

家庭的養護

グループホーム、小規模グループケア(施設の取り組み)

※「家庭的養護」と「施設養護」と「家庭的養護」を合わせて「家庭的養護の推進」といいます。


D 里親委託が入ります。
里親には養子縁組里親だけでなく、養育里親、専門里親、親族里親という種類があります。


この1問だけでは傾向がつかめないので、少しさかのぼって平成25年、平成24年に出題された問題も確認してみます。

平成25年は、資料の記述についての◯×問題でした。
A 施設入所が長期化している乳児院入所児童の措置変更を行う場合は、原則として、里親委託への措置変更を検討する。

B 子どもが里親委託に対して明確に反対の意向を示している場合や、保護者が施設入所は承諾するが里親委託に明確に反対している場合(児童福祉法第 28 条措置を除く)は、当面、施設措置を検討する。

C 里親委託にかかる児童との適合の調整の期間は、短くても1年程度を目安とする。

D 障害のある子どもが里親に委託されている場合は、障害児通所支援を受けることはできない。

(組み合わせ)

   ABCD
1○○××
2○×○×
3○××○
4×○×○
5××○×

資料から細かく出題されていますので、里親制度を十分理解していなければ解けません。
ただ、Dの文章のように、「受けることはできない」という言い回しは引っかかりますね。
これでは支援を必要としている人が利用できなくなってしまうため、内容が分からなくても×と分かります。
そうすると、選択肢を1、2、5にしぼることができます。

A ◯  「3 里親委託する子ども」の「施設入所が長期化している子どもの措置変更」からの出題です。
 
B ◯  「3 里親委託する子ども」の「里親に委託することが難しい子ども」からの出題です。
 
C ×    「5 里親への委託」の「里親委託の共通事項」からの出題です。 
           一定の期間が必要と書かれてあり、具体的な期間は述べられていません。

D ×     「7 里親家庭への支援」の「社会的養護を必要とする障害のある子どもの支援」からの出題です。
           一定の期間が必要とあり、具体的な期間は述べられていません。



次に、平成24年も資料の記述についての◯×問題でした。
A 里親に養育を委託する子どもは、施設入所が短期であることが明確な子どもと障害のある子どもを除き、新生児から高年齢児までのすべての子どもが対象となる。

B 里親委託へ不安を抱く保護者へは、養育里親と養子縁組希望里親との区別を説明し、 養育里親による家庭的環境が子どもの成長を促すこと、社会的養護は里親委託が原則であること、保護者と子どもとの面会等は原則可能であること等を説明し、理解を得る。

C 特別養子縁組を前提とした新生児の里親委託については、望まない妊娠による出産で養育できない、養育しないという保護者の意向が明確な場合には、妊娠中からの相談や、 出産直後の相談に応じ、里親委託までの切れ目のない支援を検討する。

D 養子縁組を前提とする里親は、子どもが 20 歳に達した時に、里親の年齢が概ね 65 歳以下であることが望ましい。

(組み合わせ)
 ABCD
1○○×○
2○○××
3×○○○
4×○○×
5×××○

A ×   「3 里親委託する子ども」の冒頭部分からの出題です。新生児から高年齢児までの全ての子どもが対象です。

B◯  「4 保護者の理解」の「保護者への説明」からの出題です。

C◯  「5 里親への委託」の「特別養子縁組を前提とした新生児の里親委託の留意点」からの出題です。
           
D◯  「6 里親家庭への支援」からの出題です。
養育里親、専門里親は年齢に上限は設けず、養子縁組を里親とする里親の場合は、子どもが20歳に達した時、里親の年齢が概ね65歳以下であることが望ましいとしています。

ただ、Dの内容については現在のガイドラインでは削除されていますので、次で説明します。


養子縁組里親の年齢
上の平成24年の問題は、平成23年制定のガイドラインからの出題でした。
里親の年齢について、「養子縁組を前提とする里親の場合は、子どもが20歳に達した時、里親の年齢が概ね65歳以下であることが望ましい。」と述べられており、平成24年の改正でも変わっていません。

しかし、現在はこの記述が消されています。
調べると平成29年改正のものからこの表記がなくなっていました。
古い教科書では、まだこの部分が残っていることがありますので、要注意です。


学習ポイント

「家庭的養護」「家庭養護」の意味は「里親委託ガイドライン」以外からも出題される可能性があるため、確実に違いを言えるようにします。

そして、平成23年、24年の試験のように、里親制度を細かく問われる可能性があります。
「里親委託ガイドライン」の10項目のうち、2、3、5、6、7を中心に読み込んでいくと良さそうです。


次回は、「里親及びファミリーホーム養育指針」を見ていきます。