平成26年〜平成31年前期まで「社会的養護」に出題された資料をあげました。


                は、施設や里親の運営・養育指針です。
                は、最も多く出題された「児童養護施設入所児童等調査結果」です。

31年前期

児童養護施設運営指針

情緒障害児短期治療施設運営指針

社会的養護関係施設における親子関係再構築支援ガイドライン


平成30年後期

里親委託ガイドライン

被措置児童等虐待対応ガイドライン



平成30年前期

児童養護施設運営指針

乳児院運営指針



平成29年後期

里親及びファミリーホーム養育指針

母子生活支援施設運営指針



平成29年前期

児童養護施設入所児童等調査結果

児童養護施設運営指針



平成28年後期

児童養護施設入所児童等調査結果

社会的養護関係施設における親子関係再構築支援ガイドライン

児童養護施設等の小規模化及び家庭的養護の推進のために(概要)

社会的養護の課題と将来像

平成28年前期

児童養護施設入所児童等調査結果




平成27年地域限定

児童養護施設入所児童等調査結果




平成27

児童養護施設入所児童等調査結果




平成26年再

児童養護施設入所児童等調査結果




平成26

平成24年度における被措置児童等虐待届出等制度の実施状況

被措置児童等虐待対応ガイドライン



平成30年神奈川県

被措置児童等虐待対応ガイドライン

社会的養護の推進に向けて

社会的養護の課題と将来像


平成29年神奈川県

児童養護施設入所児童等調査結果

社会的養護の推進に向けて




                は、施設や里親の運営・養育指針で、ここ数年よく出題されています。
平成29年前期までよく出題されていた「児童養護施設入所児童等調査結果」が古くなって出題されず、その代わりにこのような指針が出題されるという傾向にあります。

ボリュームのある「児童養護施設入所児童等調査結果」を勉強するよりも指針の勉強の方が楽なので、2019年後期試験はラッキーかもしれません。(2020年からは、これから公表される最新の「児童養護施設入所児童等調査結果」が出題されるはずです。)

それぞれの指針を見ていく前に、最初に全ての指針に共通する勉強ポイントを紹介します。

 




「社会的養護の指針」
厚生労働省のホームページの「社会的養護の指針」というカテゴリーには、全部で7種類の指針があります。

「児童養護施設運営指針」
「乳児院運営指針」
「情緒障害児短期治療施設運営指針」※現在は児童心理治療施設
「児童自立支援施設運営指針」
「母子生活支援施設運営指針」
「里親・ファミリーホーム養育指針」
「自立援助ホーム運営指針」

それぞれの指針では、「このようにやっていきましょう」という方向性や具体的な養育方法が述べられています。

7種類の指針の構成を表にまとめました。


児童福祉施設

乳児院

情緒障害児短期治療施設

I部 総論

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

児童養護施設の役割と理念

4 対象児童

5 養育のあり方の基本

6 児童養護施設の将来像

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

3 乳児院の役割と理念

4 対象児童

5 養育のあり方の基本

6 乳児院の将来像

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

情緒障害児短期治療施設の役割と理念

4 対象児童

5 治療・支援のあり方の基本

6情緒障害児短期治療施設の将来像

II 各論

1 養育・支援

2 家族への支援

3 自立支援計画・記録

4 権利擁護

5 事故防止と安全対策

6 関係機関連携・地域支援

7 職員の資質向上

8 施設の運営

1 養育・支援

2 家族への支援

3 自立支援計画・記録

4 権利擁護

5 事故防止と安全対策

6 関係機関連携・地域支援

7 職員の資質向上

8 施設の運営

1 治療・支援

2 家族への支援

3 自立支援計画・記録

4 権利擁護

5 事故防止と安全対策

6 関係機関連携・地域支援

7 職員の資質向上

8 施設の運



児童自立支援施設

母子生活支援施設

里親・ファミリーホーム

自立援助ホーム

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

3 児童自立支援施設の役割と理念

4 対象児童

5 支援のあり方の基本

6 児童自立支援施設の将来像

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

3 母子生活支援施設の役割と理念

4 対象児童

5 支援のあり方の基本

6 母子生活支援施設の将来像

1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

3 里親・ファミリーホームの役割と理念

4 対象児童

5 家庭養護のあり方の基本

6 里親等の支援


1 目的

2 社会的養護の基本理念と原理

3 自立園ホームの役割と理念

4 対象児童

5 支援のあり方の基本

6 自立援助ホームの将来像

1 養育・支援

2 家族への支援

3 自立支援計画・記録

4 権利擁護

5 事故防止と安全対策

6 関係機関連携・地域支援

7 職員の資質向上

8 施設の運営

1 支援

2 自立支援計画・記録

3 権利擁護

4 事故防止と安全対策

5 関係機関連携・地域支援

6 職員の資質向上

7 施設の運営

1 養育・支援

2 自立支援計画と記録

3 権利擁護

4 関係機関・地域との連携

5 養育技術の向上等

1 支援

2 自立支援計画・記録

3 利用者の権利擁護

4 事故防止と安全対策

5 関係機関連携・地域支援

6 スタッフの資質向上

7 ホームの運営


各指針の項目はほとんど同じですが、もちろんそれぞれ内容は異なります。
重要と思われる項目は3つあります。

①「第I部 総論」の「2 社会的養護の基本理念と原理
この部分は、7種類の指針全て共通の内容となっています。
「基本理念」と「原理」の2つに分かれており、どちらも試験に何度か出題されています。
穴埋め問題出題されることもあるため、内容を理解するとともにキーワードの暗記が必要となります。

②「第I部 総論」の「5  〜のあり方の基本
どの施設ではどのような配慮が求められるといったことなどが述べられています。
これを読んでいるとそれぞれの理解が深まりますので、他の項目から出題されても◯×の判断ができると思います。

③「第II部 各論」の「1 養育・支援」「1 支援
具体的な養育方法や支援方法が述べられています。
里親・ファミリーホームやそれぞれの施設がどういうふうに養育支援を行っているかということをイメージしやすいので、一度目を通しておくと良さそうです。



これらの3つの部分は特に読んでおきたいところです。

次回より、それぞれの指針の過去問を見ていきます。