明日からいよいよ保育士試験ですね。
試験勉強本当にお疲れ様です。
ブログを読まれた方が1問でも多く正解し、合格できることを願っています。

最後に、持ち物と解答テクニックをまとめました。

自分に必要なものを忘れずに

試験を100%の力で受けられるよう、持ち物を準備しておきたいです。
もし私が受験すると考えると、必ず持って行きたいものは靴下ティッシュです。

1日目の19日は全国的に雨予報です。
雨に濡れることを考えて、替えの靴下を持って行きたいです。
足元が濡れて冷たい状態では試験に集中できない可能性があります。

また、ポケットティッシュ(もしくは箱のティッシュ)も持って行きたいですね。
寝不足、疲れ、緊張、ストレスなどが原因で、私は鼻水が出ることがあります。

試験では試験官に確認して、ティッシュを机上に置くことができます。
私は試験中に鼻水が止まらず、全く集中できなかった経験がありました。
ティッシュを用意しているだけでも安心して試験を受けることができます。

このように、自分に必要と思われるものを忘れずに持って行きたいです。

また、こちらは神奈川県試験前に書いた記事です。


受験科目数によってはとにかく疲れるので、疲労回復効果のあるドリンクやサプリメントを持って行くのもおすすめです。







解答テクニックで答えになりやすいものを選ぶ

これまでいくつかの解答テクニックを紹介しました。
解答テクニックは答えを選ぶというよりも、答えになりやすいものを選ぶ手法です。
勉強で身についた正しい知識で解いていく中で、答えを選べないという時に活用ください。



・学習範囲外の問題は4、5が答えになりやすいこと
・誤った文章を選ぶ際には、短い文章や長くて具体的な文章は答えになりにくいということ
を紹介しています。




・穴埋めが2ヶ所の場合、一度しか出ていない言葉を含む選択肢は外せること
・多く出てくる言葉を含む選択肢は答えになりやすいこと
を紹介しています。




・問題の内容が分からなくても言い回しで誤りを判断できること
を紹介しています。



合格は必然ということ

4年前のラグビーワールドカップで日本が南アフリカに勝利した時に、出場していた五郎丸選手が「奇跡ではない、必然だった」と試合後に語っていました。
つまり、それだけの十分な準備をしてきたということが伝わるインタビューでした。

保育士試験も同様で、結果にはきちんと理由があります。

私は不合格になった時、勉強が足りず、試験を受ける前から合格する気がしませんでした。
不得意な分野から逃げ、理解も暗記も全く足りていませんでした。

しかし勉強を第一にして、一生懸命取り組んだことで合格に結びつきました。
何かを犠牲にするくらい本気で向き合えば結果がついてきます。

今「これだけ勉強した!十分やりきった!」という気持ちになっていれば合格します。
あとは試験と戦う気持ちで、最後まであきらめずに戦ってきてください!!