「教育原理」に引き続き、「社会的養護」の問題全体を確認します。
問題はこちら

問題構成はこのようになっていました。

1

法律

「児童福祉法」第2

2

資料

「社会的養育の推進に向けて」

3

指針

「児童養護施設運営指針」

4


児童福祉施設の組み合わせ

5

資料

「児童養護施設入所児童等調査結果」(平成 25 年2月1日現在)

6

職員

家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)

7

指針

「児童養護施設運営指針」

8

指針

児童養護施設運営指針

9


児童養護施設の第三者評価、自己評価

10

事例

主任保育士からの指導の内容について


「社会的養護」に出題される項目の中で、今回出題があったものを赤字にしました。

①毎回は出題されない問題

■人物    
■社会的養護の歴史       
■「児童の権利に関する条約」 
■「児童憲章」
■苦情対応
第三者評価 1問
■援助技術
■措置費


②毎回出題される問題

法律       1問
運営指針3問
事業
資料       2問
職員配置      
事例       1問


■今回はこれに追加で、職員  1問、施設の説明  1問


今回は、毎回出題されている事業や職員配置の出題がありませんでした。
全体を見ると広く浅く出題されたという印象で、それぞれ基本的なことが出題されていました。
変な問題もなく、社会的養護の理念や原則をしっかり理解できているかを問う試験となっていました。


問1 児童福祉法 第2条
 
「児童福祉法」はほぼ毎回出題されています。
平成26年までさかのぼった「社会的養護」の出題を見てみますと、これまで第2条の出題はなく、初めての出題でした。


ただ、平成30年後期「児童家庭福祉」の問1に出題されています。
穴開き部分もほとんど同じなので、関連科目の過去問は解いておきたいですね。


問2 社会的養育の推進に向けて

予想通り、「社会的養育の推進に向けて」からの出題となりました。


細かい数値の出題を予想していましたが、社会的養育の推進に向けて(平成31年1月)の12ページにある内容面の出題でした。

ただ詳しく知らなくても、里親・ファミリーホームが「家庭と同様の養育環境」であることを理解していれば答えを選べましたね。


問3 児童養護施設運営指針

児童養護施設運営指針は過去3回出題されており、今回で4回目です。


問3は、「第II部各論   4 権利擁護」から出題されました。



問4  児童養護施設の組み合わせ

児童心理治療施設、福祉型児童発達支援センター、児童家庭支援センター、児童自立支援施設と説明文を組み合わせる問題です。
それぞれの施設の特徴を理解していれば解けますね。

問5 児童養護施設入所児童等調査結果

最近4回の試験で出題がなかったのですが、久しぶりに出題されました。
内容が古いのでもう出題はないと考えていたのですが、最後にだめ押しの出題というところでしょうか。



入所児童のうち、「心身の状況」「被虐待経験」「入所時の年齢」「入所時の保護者の状況」と、複数の項目が合わさった内容です。
10問の中では一番迷いやすかったと思います。
 

問6 家庭支援専門相談員

家庭支援専門相談員の業務については、この予想問題に含めていました。

 
ただ、選択肢を見て「対象児童等に対する心理療法」は家庭支援専門相談員の業務ではないことがすぐにわかりますね。 

問7  児童養護施設運営指針

第I部 総論の「社会的養護の原理」のうち、「発達の保障と自立支援」からの出題でした。
これは児童養護施設運営指針だけでなく、全ての指針に共通する部分です。

「社会的養護の原理」は、平成31年前期、平成30年前期に続き、3回目の出題でした。
「基本理念」と「原理」は、今後も社会的養護によく出題されることになりそうです。




問8 児童養護施設運営指針

問7同様、第I部 総論の「社会的養護の原理」からの出題でした。
細かく覚えていなくても、社会的養護の考え方を理解していれば解ける問題でした。
 

問9 第三者評価、自己評価

第三者評価は「社会福祉」と違って、「社会的養護」ではあまり深く問われることはありません。

児童養護施設、乳児院、児童心理治療施設、児童自立支援施設、母子生活支援施設は、3年に一度以上、第三者評価の受審及びその結果の公表が義務づけられていることをおさえておけばバッチリですね。





問10 事例

「社会福祉」の範囲からの出題でした。
対象者の強みに注目した援助方法はストレングスです。

科目外からの出題の答えは、4か5という解答テクニックも使えました。
過去問を分析していくと、学習範囲外の答えは5であることが多かったです。




以上、予想問題の振り返りと、問題の内容を簡単に紹介しました。

教育原理と違って、予想した問題とは異なる内容が多く出題されていたので残念でした。
今回の試験をもとに、また令和2年前期試験に向けて何が問われるのか、どこが重要かを考えて、また書いていきたいと思います。

これからしばらくは、個々の問題をピックアップして解説したいと思います。