今回より「社会的養護」の問題を一つ一つ解説していきます。
問題はこちら

問題構成はこのようになっていました。

1

法律

「児童福祉法」第2

2

資料

「社会的養育の推進に向けて」

3

指針

「児童養護施設運営指針」

4


児童福祉施設の組み合わせ

5

資料

「児童養護施設入所児童等調査結果」(平成 25 年2月1日現在)

6

職員

家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)

7

指針

「児童養護施設運営指針」

8

指針

児童養護施設運営指針

9


児童養護施設の第三者評価、自己評価

10

事例

主任保育士からの指導の内容について


今回は問1の「児童福祉法」第2条についてです。


問1 児童福祉法 第2条
 
次の文は、「児童福祉法」第2条の一部である。( A )~( C )にあてはまる語句を 【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
 
全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び( A )の程度に応じて、その( B )が尊重され、その( C )の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない。
 
【語群】

ア 能力  イ 発達  ウ 自律  エ 意見  オ 最低限  カ 最善

(組み合わせ)

 A B C
1 ア ウ オ
2 ア エ カ
3 イ ウ オ
4 イ エ オ
5 イ エ カ

社会的養護において「児童福祉法」はほぼ毎回出題されています。
この第2条はこれまで社会的養護では出題がなかったのですが、平成30年後期「児童家庭福祉」の問1に出題されています。
その問題がこちらです。

平成30年後期「児童家庭福祉」問1 
次の文は、「児童福祉法」第2条の一部である。( A )〜( D )にあてはまる語句の正 しい組み合わせを一つ選びなさい。

全て( A )は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その( B )が尊重され、その( C )が優先して考慮され、 心身ともに健やかに( D )されるよう努めなければならない。

(組み合わせ)
     A        B               C                D
1 国民    意見     最善の利益    育成
2 国民    選択     最善の利益    養育
3保護者  選択    自立              養育
4保護者  意見    自立              育成
5保護者  意見    最善の利益   援助   

これらの2つの問題はBとCが同じ穴になっています。
このように過去問と似たような問題が出題されることはよくあります。
よって、受ける科目はもちろんですが、その関連科目についても過去問(少なくとも過去5回分)は見ておくと良さそうです。
社会的養護、児童家庭福祉、社会福祉は3科目セットで勉強したいところです。
例えば、残り社会福祉だけ受験するという方も、社会的養護、児童家庭福祉は過去問だけでももう一度やっておいた方が良さそうです。


では、今回の問題について内容を見ていきます。
 
全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び( A    発達  )の程度に応じて、その( B  意見 )が尊重され、その( C 最善 )の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない。


この第2条は、2016年の改正によって新しい内容となっています。

改正前の第2条
「国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う」

改正後の第2条

全て国民は、児童が良好な環境において生まれ、かつ、社会のあらゆる分野において、児童の年齢及び発達の程度に応じて、その意見が尊重され、その最善の利益が優先して考慮され、心身ともに健やかに育成されるよう努めなければならない。
  2 児童の保護者は、児童を心身ともに健やかに育成することについて第一義的責任を負う。
  3 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う。


改正後のポイントは、
・児童の年齢や発達の程度に応じて、意見を尊重し、最善の利益をする
・児童育成の第一義責任を保護者とした

ということです。
この部分に関して、これからも出題される可能性があります。


「児童福祉法」の出題傾向

「児童福祉法」出題条文まとめにも書いていますが、平成26年以降の社会的養護における「児童福祉法」出題は以下のようになります。


平成31年前期

1

児童福祉法改正

26条第1項第三号

25条の2

33条第8


3

親権

33条の2第1
33条の2第3項
33条の7
47条第2

平成30年後期

5

児童自立生活援助事業

6条の31


9

児童養護施設の入所手続き

第27条第1項

平成30年前期

3

児童福祉法改正

3条の2
11条第1項第ニ号
6条の31項第ニ号


5

被措置児童等虐待の防止

33条の10
33条の123

平成29年後期

2

社会的養護に関する条文

3条の2


10

福祉サービス

6条の314項
44
6条の31

平成29年前期

出題なし



平成28年後期

出題なし



平成28年前期

5

児童自立生活援助事業

6条の31
34条の7


9

放課後等デイサービス

6条の224

平成27年地域限定

出題なし



平成27

6

監護措置と親権代行

33条の2
47


9

障害児施設

31条第2

平成26年再

9

施設職員等による被措置児童等に対する虐待

33条の10

平成26

5

児童福祉施設の長の権限

47条第3


具体的な福祉サービスに関する条文、親権に関する条文など、繰り返し出題されているものがありますね。
2回以上出題されているものは再び出題される可能性があります。
また、 児童家庭福祉や社会福祉における「児童福祉法」の出題条文も、これからまとめていく予定です。



以上、問1の解説でした。


次回は問2を見ていきます。