引き続き「社会的養護」の問題を一つ一つ解説していきます。
問題はこちら

問題構成はこのようになっていました。

1

法律

「児童福祉法」第2

2

資料

「社会的養育の推進に向けて」

3

指針

「児童養護施設運営指針」

4


児童福祉施設の組み合わせ

5 

資料

「児童養護施設入所児童等調査結果」(平成 25 年2月1日現在)

6

職員

家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)

7

指針

「児童養護施設運営指針」

8

指針

児童養護施設運営指針」

9


児童養護施設の第三者評価、自己評価


10

事例

主任保育士からの指導の内容について


今回は問2の「社会的養育の推進に向けて」についてです。


問2 社会的養育の推進に向けて
 
次の文のうち、平成 28 年6月に改正された「児童福祉法」を受けて厚生労働省から示された、 家庭と同様の環境における養育の推進に関する記述として適切な記述を一つ選びなさい。

1 「家庭と同様の養育環境」には、里親がある。
2 「家庭と同様の養育環境」には、地域小規模児童養護施設(グループホーム)がある。
3 「家庭と同様の養育環境」には、小規模グループケアがある。
4 「できる限り良好な家庭的環境」には、特別養子縁組を含む養子縁組がある。
5 「できる限り良好な家庭的環境」には、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)がある。

この問題では、「児童福祉法」を受けて厚生労働省から示されたとしており、具体的な資料名はありません。
ですが、これは社会的養育の推進に向けてという資料を指します。
この12ページにて「家庭と同様の環境における養育の推進」が載っており、ここから出題されています。

「家庭と同様の環境における養育の推進」では、現状では施設入所が9割となっているため、より家庭に近い環境での養育の推進を図っていきましょうと述べています。
具体的には以下のように示しています。 

①「家庭」実親による養育
②「家庭と同様の養育環境」養子縁組、里親、ファミリーワーク
③「できる限り良好な家庭的環境」グループホーム、小規模グループケア

①が適切でない場合は②において継続的に養育されるように措置され(就学前の児童は②の措置が原則)、②が適切でない場合は③において養育されるように措置されるというものです。

特に「家庭と同様の養育環境」とは、養子縁組、里親、ファミリーワークということが重要です。


内容を見ていきます。
 

1 「家庭と同様の養育環境」には、里親がある。

→◯


2 「家庭と同様の養育環境」には、地域小規模児童養護施設(グループホーム)がある。 

→×
グループホームは、「できる限り良好な家庭的環境」ですね。


3 「家庭と同様の養育環境」には、小規模グループケアがある。 

→×
小規模グループケアは、「できる限り良好な家庭的環境」ですね。


4 「できる限り良好な家庭的環境」には、特別養子縁組を含む養子縁組がある。

→×
養子縁組は、「家庭と同様の養育環境」ですね。


5 「できる限り良好な家庭的環境」には、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)がある。

→×
ファミリーホームは、「家庭と同様の養育環境」ですね。



「社会的養育の推進に向けて」は今後も出題されやすい資料

「社会的養育の推進に向けて」は、神奈川県試験で3年連続(平成29、30、31年)出題されています。
もともと「社会的養護の推進に向けて」という資料名でしたが、内容の変化によって「社会的養育の推進に向けて」と名称が変わっています。
平成30年までは「社会的養護の推進に向けて」からの出題でした。

この資料には、社会的養護の現状、基本理念と原理、各種統計などさまざまな内容が含まれているため、問題作成者はここから問題を作りやすいと考えられます。
よってこれからも出題されやすいと言えます。

かなりのボリュームがあるので、どこを勉強するか迷うところです。
ただ、細かい部分は「児童家庭福祉」で出題され、「社会的養護」では社会的養護の考え方が出題されるという傾向があります。
例えば、平成31年神奈川県では、この資料の中で「社会的養護の基本理念」が出題されました。
 
次の文は、「社会的養育の推進に向けて」(平成31年1月 厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課)に示された社会的養護の基本理念に関する記述である。( A )~ ( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

社会的養護は、「子どもの( A )のために」と「 ( B )で子どもを育む」を基本理念としており、社会的養護は、保護者の適切な養育を受けられない子どもを、( C ) で社会的に保護養育するとともに、養育に困難を抱える家庭への支援を行うものである。

(組み合わせ)
       A                    B            C
1 健やかな成長 地域全体 施設
2 最善の利益     地域全体 施設
3 健やかな成長 社会全体 地域
4 最善の利益     社会全体 公的責任
5 幸福                社会全体 公的責任

社会的養護の基本理念は、「子どもの最善の利益のために」「社会全体で子どもを育む」ことです。
また、公的責任(国や自治体の責任)で支援を行うことがポイントですね。
これは「児童養護施設運営指針」などにも載っている重要な内容ですので、必ずおさえたい部分です。

その他の過去問も載せていますので、こちらもご確認ください。


以上、問2の解説でした。


次回は問3を見ていきます。