引き続き「社会的養護」の問題を一つ一つ解説していきます。
問題はこちら

問題構成はこのようになっていました。

1

法律

「児童福祉法」第2

2

資料

「社会的養育の推進に向けて」

3

指針

「児童養護施設運営指針」

4


児童福祉施設の組み合わせ

5 

資料

「児童養護施設入所児童等調査結果」(平成 25 年2月1日現在)

6

職員

家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)

7

指針

「児童養護施設運営指針」

8

指針

児童養護施設運営指針」

9


児童養護施設の第三者評価、自己評価


10

事例

主任保育士からの指導の内容について


今回は問3の「児童養護施設運営指針」についてです。


問3 児童養護施設運営指針
 
次の文のうち、「児童養護施設運営指針」(平成 24 年3月 厚生労働省)において示されている 「権利擁護」に関する記述として最も不適切な記述を一つ選びなさい。

1 子ども自身の出生や生い立ち、家族の状況については、義務教育終了後に開示する。

2 入所時においては、子どものそれまでの生活とのつながりを重視し、そこから分離されることに伴う不安を理解し受けとめ、不安の解消を図る。

3 子どもが相談したり意見を述べたりしたい時に、相談方法や相談相手を選択できる環境を整備し、子どもに伝えるための取り組みを行う。

4 いかなる場合においても、体罰や子どもの人格を辱めるような行為を行わないよう徹底する。

5 様々な生活体験や多くの人たちとのふれあいを通して、他者への心づかいや他者の立場に配慮する心が育まれるよう支援する。

児童養護施設運営指針の18ページからの権利擁護からの出題でした。
権利擁護とは、子どもの権利を保障するということです。
例えば、本人が納得して入居できるよう入所する前に養育・支援の内容をきちんと説明したり、子どもの意見や苦情を述べられる環境にしたり、施設内の体罰を禁止したりするものです。

内容を詳しく知らなくても、2から5の文章は適切だとわかりますので、1が誤りだと考えられますね。


一つ一つ内容を見ていきます。
 

1 子ども自身の出生や生い立ち、家族の状況については、義務教育終了後に開示する。 

→×

運営指針では、「子どもの発達に応じて適切に知らせる」としています。
義務教育終了後と具体的に定めるのではなく、子ども一人一人の状況に合わせるということですね。

また、「子どもが自己の生い立ちを知ることは、自己形成の視点から重要であり、子どもの発達等に応じて、可能な限り事実を伝える。」としています。
子ども自身が自分の生い立ちや家族の状況を知ることも重要であるとして、適切なタイミングで伝えることが必要となります。


2 入所時においては、子どものそれまでの生活とのつながりを重視し、そこから分離されることに伴う不安を理解し受けとめ、不安の解消を図る。

→◯

運営指針では「子どもと保護者等との関係性を踏まえて、分離に伴う不安を理解し受けとめ、子どもの意向を尊重しながら今後のことについて説明する。」としています。


3 子どもが相談したり意見を述べたりしたい時に、相談方法や相談相手を選択できる環境を整備し、子どもに伝えるための取り組みを行う。

→◯

運営指針では「複数の相談方法や相談相手の中から自由に選べることを、わかりやすく説明した文書を作成・配布する。 子どもや保護者等に十分に周知し、日常的に相談窓口を明確にした上で、内容をわかりやすい場所に掲示する。」としています。

4 いかなる場合においても、体罰や子どもの人格を辱めるような行為を行わないよう徹底する。

→◯

運営指針では「就業規則等の規程に体罰等の禁止を明記する。 子どもや保護者に対して、体罰等の禁止を周知する。体罰等の起こりやすい状況や場面について、研修や話し合いを行い、体罰等を伴 わない援助技術を職員に習得させる。」としています。


5 様々な生活体験や多くの人たちとのふれあいを通して、他者への心づかいや他者の立場に配慮する心が育まれるよう支援する。

→◯

運営指針では「同年齢、上下の年齢などの人間関係を日常的に経験できる生活状況を用意し、人格の尊厳を理解し、自他の権利を尊重できる人間性を育成する。 幼児や障害児など弱い立場にある仲間はもちろんのこと、共に暮らす仲間に対しては、思いやりの心をもって接するように支援する。」としています。


「児童養護施設運営指針」の学習ポイント

「児童養護施設運営指針」は平成29年前期、平成30年前期、平成31年前期、そして今回の令和元年後期と4回目の出題となりました。

過去3回の問題はこちらにて解説しています。


7種類の中で最も出題されている運営指針ですので、引き続き出題される可能性が高いと言えます。

どこが出題されるかというと、まずは「社会的養護の基本理念や原理」です。
この基本理念や原理は7種類の指針共通の内容で、非常に重要な部分です。
よって「第I部 総論」の「 2 社会的養護の基本理念と原理」から勉強していくと良さそうです。

そして、「第II部 各論」の「1 養育・支援」や「4 権利擁護」では、各施設等における具体的な支援方法が示されています。
こちらも出題されやすいです。
どのように養育を行っているか、どのような姿勢で子どもを尊重しているのかということが述べられています。
一度読んでおくとそれぞれの施設や里親の支援方法がイメージしやすくなります。


以上、問3の解説でした。

次回は問4を見ていきます。