引き続き「社会的養護」の問題を一つ一つ解説していきます。
問題はこちら
 
問題構成はこのようになっていました。

1

法律

「児童福祉法」第2

2

資料

「社会的養育の推進に向けて」

3

指針

「児童養護施設運営指針」

4


児童福祉施設の組み合わせ

5 

資料

「児童養護施設入所児童等調査結果」(平成 25 年2月1日現在)

6

職員

家庭支援専門相談員(ファミリーソーシャルワーカー)

7

指針

「児童養護施設運営指針」

8

指針

児童養護施設運営指針」

9


児童養護施設の第三者評価、自己評価


10

事例

主任保育士からの指導の内容について


今回は問7の「児童養護施設運営指針」についてです。


問7  児童養護施設運営指針
 
次の文のうち、「児童養護施設運営指針」(平成 24 年3月 厚生労働省)において示されている「発達の保障と自立支援」に関する記述として適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくことができるようになる。

B 子どもの自立に向けた生きる力の獲得は、集団生活における協調性が基盤となり可能となる。

C 社会的養護では、子どもの自立や自己実現を目指して、子どもの活動の制限と他者との調和を大切にする。

D 子どもは、様々な生活体験を通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していく。

 (組み合わせ)
1 A B
2 A C
3 A D
4 B C
5 B D

問3に引き続き、こちらも「児童養護施設運営指針」からの出題です。
4つの文章のどれも前向きな印象があるため、全て適切な文章のようにも考えられます。
じっくりと読んで、どこか社会的養護の考え方に合わない部分がないか探していきます。

まずこれは、児童養護施設運営指針の 第I部 総論  〉 2.社会的養護の基本理念と原理 〉社会的養護の原理 〉②発達の保障と自立支援  という部分です(運営指針の2〜3ページ)。

これは児童養護施設運営指針だけでなく、 乳児院運営指針など全ての指針共通の内容です。
こちらの過去問分析にも書いていますが、「社会的養護の基本理念と原理」は全ての指針共通の内容となっており、最も出題されています。


今後も、「社会的養護の基本理念と原理」からの出題が続くと考えられます。


では、内容を見ていきます。

A 子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくことができるようになる。

→◯
文章の通りです。


B 子どもの自立に向けた生きる力の獲得は、集団生活における協調性が基盤となり可能となる。 

→×

集団生活における協調性という言葉はありません。

実際には、
「特に、人生の基礎となる乳幼児期では、愛着関係や基本的な信頼関係の形成が重要である。子どもは、愛着関係や基本的な信頼関係を基盤にして、自分や他者の存在を受け入れていくことができるようになる。自立に向けた生きる力の獲得も、健やかな身体的、精神的及び社会的発達も、こうした基盤があって可能となる。」

とありますので、 愛着関係や基本的な信頼関係を基盤が正しい内容となります。


C 社会的養護では、子どもの自立や自己実現を目指して、子どもの活動の制限と他者との調和を大切にする。

→×

子どもの活動の制限と他者との調和
という言葉はありません。

実際には、
「子どもの自立や自己実現を目指して、子どもの主体的な活動を大切にするとともに、様々な生活体験などを通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していくことが必要である。」

とありますので、 子どもの主体的な活動が正しい内容となります。


D 子どもは、様々な生活体験を通して、自立した社会生活に必要な基礎的な力を形成していく。

→◯
文章の通りです。



重要!社会的養護の基本理念と原理 

この問7もこれから解説する問8も、指針の中で「社会的養護の基本理念と原理」の中の「社会的養護の原理」から出題されています。
この令和元年後期だけでなく、平成31年前期、平成30年前期と出題されていることから、「社会的養護の基本理念と原理」は重要と考えられます。 

問3の解説にも書いていますように、全ての指針共通の「社会的養護の基本理念と原理」は最も出題されやすいので、読み込んでおく必要があります。



今後もまだ出題がありそうな「児童養護施設運営指針」ですので、まずは「社会的養護の基本理念と原理」から勉強していくのがおすすめです。


以上、問7の解説でした。


次回は問8を見ていきます。