予定通り今月から「社会福祉」に入ります。
まず、令和2年前期試験より出題範囲に変更がありますので、「社会福祉」の出題範囲を確認したいと思います。
「社会福祉」は2箇所の変更点がありました。



「社会福祉」の出題範囲

まずは、保育士試験出題範囲を見ていきます。

第1 出題の基本方針
社会福祉全般に関して、その理念体系を理解しているかを問うことを基本とする。 問題選択に当たっては、社会福祉の理念・制度の体系を概括的に理解しているかという点のほか、その背景となっている社会の動向、社会保障等の関連制度の概要、利用者の保護に関わる仕組み、相談援助等について、また、子ども家庭福祉との関連性及び社会福祉に関する現代的課題に関しても配慮が必要 である。


第2 出題範囲
平成 15 年通知別紙に定める教科目「社会福祉」の内容とする。
 

第3 出題上の留意事項
1 社会福祉に関する法律、手続き及び歴史的変遷の部分からは、歴史的に古いもの又は現在の制度体系と関連のないものは出題しない。
2 保育原理、子ども家庭福祉及び社会的養護の出題と十分関連をとって出題する。
3 出題範囲の改正に伴う経過措置として、当分の間、社会福祉の出題については、改正前の出題範囲における相談援助の内容を理解していることを前提とした出題とする。


→この赤字部分が今回変更になった部分です。
変更前は以下のようになっていました
(社会福祉に係る相談援助の内容等について理解しているかという点についても出題し、その場合には相談援助の意義と原則について具体的事例を設定して問う等工夫が必要である。)

つまり、「社会福祉」の出題範囲は変更があったものの、しばらくはこれまでと同様の内容が出題されると読み取れます。
大きくは変わらないということなので、リベンジされる方にとっては安心ですね。
 
 
そして、この第2の出題範囲については教科目の教授内容に記載があります。
3と5について変更があり、赤字は今回加わった内容です。
 

1.現代社会における社会福祉の意義と歴史的変遷
(1)社会福祉の理念と概念
(2)社会福祉の歴史的変遷
(3)子ども家庭支援と社会福祉

2.社会福祉の制度と実施体系
(1)社会福祉の制度と法体系
(2)社会福祉行財政と実施機関
(3)社会福祉施設
(4)社会福祉の専門職
(5)社会保障及び関連制度の概要

3.社会福祉における相談援助
(1)相談援助の理論
(2)相談援助の意義と機能
(3)相談援助の対象と過程
(4)相談援助の方法と技術


4.社会福祉における利用者の保護に関わる仕組み
(1)情報提供と第三者評価
(2)利用者の権利擁護と苦情解決


5.社会福祉の動向と課題
(1)少子高齢化社会における子育て支援
(2)共生社会の実現と障害者施策
(3)在宅福祉・地域福祉の推進
(4)諸外国の動向

 

変更箇所の確認

出題範囲の変更箇所は2箇所です。

まず、
3.社会福祉における相談援助 のもともとの出題範囲は、

(1)相談援助の意義と原則
(2)相談援助の方法と技術

のみでしたので、改正されて「理論」「相談援助の意義と機能」「相談援助の対象と過程」となり、より具体的に示されたということです。

また、

5.社会福祉の動向と課題 のもともとの出題範囲は、

(1)少子高齢化社会への対応
(2)在宅福祉・地域福祉の推進
(3)保育・教育・療育・保健・医療等との連携とネットワーク
(4)諸外国の動向

となっていました。
「少子高齢化社会における子育て支援」「共生社会」「障害者施策」が新たに加わったことになります。

このうち共生社会とは、障害者等が積極的に参加・貢献していくことができる社会ですね。

社会福祉においては、地域共生社会(厚生労働省)を指すとは思いますが、「教育原理」の範囲である特別支援教育(例えば資料では、共生社会の形成に向けて(文部科学省))についても見ておきたいですね。

ただ、当分の間は改正前の出題範囲における相談援助の内容を理解していることを前提とした出題とはっきり書かれていますので、これまでの学習範囲で対応できると判断できます。


次回より令和元年後期試験を1問ずつ解説していきます。