「社会福祉」によく出題される「ノーマライゼーション」について、どのように出題されているか過去問をチェックしていきます。
今回は平成31年神奈川県試験の問1です。
問題はこちらです。


平成31年神奈川県試験 問1
 
次の文は、ノーマライゼーションに関する記述である。適切な記述を○、不適切な 記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A ノーマライゼーションは、デンマークの主に知的障害者の施設の改善運動から始まったものである。
B 国連が国際障害者年(1981年)及び国連障害者の10年の中で強調したこともあり、 国際的に浸透していった。
C ノーマライゼーションの日本語訳は、「平準化」とされた時期があった。
D 提唱者のバンク=ミケルセン(Bank-Mikkelsen, N.E.)は、当初から子どもや高齢者の施設においても施設改善運動を推し進めた。

 (組み合わせ)

  ABCD
1○○○×
2○○×○
3○○××
4×○×○
5××○○


ノーマライゼーションとは、障害のある人もない人も、互いに支え合い、地域で生き生きと明るく豊かに暮らしていける社会を目指すという理念です。(厚生労働省
この問題では、ノーマライゼーションについて深く問われています。
教科書や過去問学習でわかるのは1だけかなというところで、少し難しい問題と言えます。


設問を一つずつ見ていきます。
 

A ノーマライゼーションは、デンマークの主に知的障害者の施設の改善運動から始まったものである。

→◯

文章の通りです。
デンマークの社会省担当官のバンク=ミケルセンという人物が、隔離されている巨大な知的障害者施設の実情を改善させるために始まった運動が、ノーマライゼーションの理念につながります。

B 国連が国際障害者年(1981年)及び国連障害者の10年の中で強調したこともあり、 国際的に浸透していった。

→◯ 

これは教科書にありますでしょうか?
国連は1981年(昭和56年)を「国際障害者年」(厚生労働省のホームページより)として、障害者の「完全参加」をテーマにして国際的な取組みを行うこととなります。
ノーマライゼーションの理念に基づいて、障害者福祉を築き上げていきましょうと述べています。

また、この国際障害者年をもとに「障害児に関する世界行動計画」が決まり、この計画が実施されるにあたった1893年から19992年を「国連障害者の10年」としています。
 

C ノーマライゼーションの日本語訳は、「平準化」とされた時期があった。

→×

平準化(へいじゅんか)とは、でこぼこをなくして平らにすることです。
ノーマライゼーションはこのようなことが目的ではないので意味が違いますね。
正常化、等生化などと和訳されています。


D 提唱者のバンク=ミケルセン(Bank-Mikkelsen, N.E.)は、当初から子どもや高齢者の施設においても施設改善運動を推し進めた。


→×

Aの部分にも書いていますが、バンク=ミケルセンは、知的障害者の施設に対して改善運動を行った人物です。
つまり、ノーマライゼーションとはもともと知的障害者のあり方について提唱された理念でした。
その後、子どもや高齢者へと考え方が広まったということになります。


ノーマライゼーションに関する人物をおさえる

ノーマライゼーションの理念を提唱したにはデンマークのバンク=ミケルセンですが、あくまでも知的障害者の施設においての考え方でした。
この理念を他の障害を持つ人へと広めたのが、スウェーデンのベンクト•ニリエです。
今のところ保育士試験には出題されていないものの、ノーマライゼーションに関する問題はよく出題されるので、バンク=ミケルセンとベンクト•ニリエの2人についておさえておいた方が良さそうです。

これで「社会福祉」におけるノーマライゼーションに関する問題解説は終わりです。

次は、令和元年後期試験「社会福祉」問2の解説です。