後期試験「社会福祉」の問題を一つ一つ解説しています。

その中で、問5に出題された社会福祉事業(第一種・第二種の分類など)はよく出題されていますので、過去問を確認していきました。

最近では、令和元年後期、平成31年神奈川、平成29年後期、平成28年後期、平成27年地域、平成27年、平成26年再、と一年に1回程度出題されています。

次回の令和2年前期試験にも出題される可能性が高いので、社会福祉事業(第一種・第二種の分類など)についてまとめます。

今回は第一種社会福祉事業についてです。


第一種社会福祉事業の種類

「◯◯を経営する事業は第一種社会福祉事業である」といった◯×問題がたくさん出題されています。
よって、第一種社会福祉事業と第二種社会福祉事業はしっかり区別して覚えたいですね。
特に第一種社会福祉事業は数が少ないので、まずはこちらから覚えるようにすると効率的です。

第一種社会福祉事業のポイントは

入所施設(例外あり)
共同募金

です。

入所施設など利用者への影響が大きいものは経営が安定している必要性があるため、第一種社会福祉事業に位置づけられ、行政と社会福祉法人が経営主体となります。

では第一種社会福祉事業にはどのような事業があるのか、その事業を定めた法律ごとに見ていきます。


①「生活保護法」に規定されているもの

■救護施設 を経営する事業
■更生施設    を経営する事業
■生計困難者を無料又は低額な料金で入所させて生活の扶助を行う施設 を経営する事業
■生計困難者に対して助葬  を行う事業
 
平成26年まで出題を確認しましたが、この中からの出題はありませんでした。
よってここは簡単におさえます。


②「児童福祉法」に規定されているもの

■乳児院       を経営する事業
■母子生活支援施設  を経営する事業
■児童養護施設    を経営する事業  →平成27年、令和元年後期に出題
■障害児入所施設   を経営する事業
■児童心理治療施設  を経営する事業
■児童自立支援施設  を経営する事業
 
6つの入所施設を経営する事業が第一種社会福祉事業に位置づけられます。
この中では、児童養護施設が2回出題されています。
この「児童福祉法」からは今後も出題がありそうなので、しっかりと覚えておきたいです。 


③「老人福祉法」に規定されているもの

■ 養護老人ホーム  を経営する事業
■特別養護老人ホーム を経営する事業
■軽費老人ホーム        を経営する事業
   

①と同様に、こちらも平成26年まで出題を確認しましたが、この中からの出題はありませんでした。
よってここも簡単におさえます。


④「障害者総合支援法」に規定されているもの

■障害者支援施設  を経営する事業 → 平成26年再、令和元年後期に出題

平成26年までに2回出題されている重要な内容です。
障害者支援施設が入所施設であることをおさえると、第一種社会福祉事業に結びつけられますね。

 
⑤「売春防止法」に規定されているもの 
 ■婦人保護施設   を経営する事業 →平成27年、平成31年神奈川県に出題

婦人保護施設の名称だけでなく、
「売春防止法」という法律名もおさえます


⑥その他

■共同募金  を行う事業 →平成27年、令和元年後期
■授産施設  を経営する事業
■生計困難者に対して無利子又は低利で資金を融通する事業

この中では共同募金が繰り返し出題されています。

 
第一種社会福祉事業についておさえること

第一種社会福祉事業にどんな事業が位置づけられているかということ以外に、第一種社会福祉事業に関してどのような問題が出題されたかをまとめます。


①第一種社会福祉事業を経営する際について

市町村又は社会福祉法人は、施設を設置して第一種社会福祉事業を経営しようとするときは、その施設を設置する都道府県知事に所定の事項を届け出なければならない。 

→◯


②第一種社会福祉事業の対象について

第一種社会福祉事業は、入所型事業など、利用者の生活に対する影響が大きく、事業の継続性や安定性の確保等の必要性が高いものが対象とされている。

→◯



③第一種社会福祉事業の経営主体について(経営主体は行政と社会福祉法人)
 
第一種社会福祉事業は、国、地方公共団体または一般社団法人が経営することを原則としている。

→×

今日、宗教法人は社会福祉法人と同じように、第一種社会福祉事業の経営を行うことができる。

→×

今日、株式会社等の営利法人は社会福祉法人と同じように、第一種社会福祉事業の経営を行うことができる。

→×

社会福祉法人は、第一種社会福祉事業の経営主体とはなれない。

→×

特定非営利活動法人(NPO法人)は、原則として第一種社会福祉事業の経営主体とはなれない。 

→◯

特定非営利活動法人は、第1種社会福祉事業の社会福祉施設の設置と運営ができる。 

→×


このようにして、過去の出題内容を確認することで、何を重点的に覚えればよいかがわかりますね。
次回は第二種社会福祉事業に関するまとめです。