「社会福祉」の社会保障に関する内容(生活保護や年金、介護保険など)を分析しています。
平成26年までさかのぼって出題内容を一覧にしました。


生活保護

介護保険

雇用保険

年金

労災

医療保険

令和元年後




平成31年前



平成30年後        





平成30年前



平成29年後





平成29年前






平成28年後




平成28年前






平成27年地






平成27






平成26年再

平成26






雇用保険制度の問題を解説しています。
今回は、平成31年前期試験の問題です。



平成31年前期試験

問10は、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災が含まれた問題でした。
この問題は、以下ですでに解説しています。



雇用保険の部分のみをピックアップして、もう少し詳しくみていきます。

C 雇用保険制度では、失業等給付を行うほか、雇用安定事業、能力開発事業を行っている。

→◯

雇用保険=失業等給付とイメージされやすいのですが、他に2つの事業を行っています。
それが、問題文の雇用安定事業と能力開発事業です。
この雇用安定事業と能力開発事業に対する保険料は、事業主のみが負担します。

まず、雇用保険は「
失業等給付」と「雇用保険二事業」に大きく分かれます。
宮城労働局(厚生労働省)のページの図がわかりやすいです。

失業等給付」は、求職者給付就職促進給付教育訓練給付雇用継続給付の4つの内訳になっています。
求職者給付とは、
労働者が失業した場合に、生活を安定させるために給付(=給付金の支給)されるものです。
他にも就職促進や教育訓練などの給付があり、再就職の支援という目的でも給付金を支給しています。

つまり、失業等給付は失業した個人に対する給付であり、
生活を安定させるための費用再就職を促進するための教育費用ということですね。
令和元年後期試験にも、失業等給付の4種類の名称が出題されていますので、4つの名称はおさえておきたいです。

そして、「雇用保険二事業」とは、「雇用安定事業」と「能力開発事業」の2つの事業です。
先に説明しましたように、事業主がその保険料を負担します。

失業等給付が個人への支援であったのに対して、この2つの事業は労働者全体に対する支援となります。
具体的には、失業の予防や労働者の能力開発を目的とした取り組みとなります。
これらの取り組みを行った事業主に助成金が支給されます。
保育士試験では、雇用保険二事業が細かく出題されることはないと思いますので、2つの事業名だけでもおさえておきたいですね。 


おさえておきたいポイントまとめ

■雇用保険の中には、失業等給付と雇用保険二事業(雇用安定事業と能力開発事業)があること。
■失業等給付は、生活安定を目的としたものだけでなく、就職促進を目的とした給付も含まれていること。
■失業等給付には、求職者給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付という4種類があること。


次回も引き続き雇用保険制度についてです。