「社会福祉」の社会保障に関する内容(生活保護や年金、介護保険など)を分析しています。
平成26年までさかのぼって出題内容を一覧にしました。


生活保護

介護保険

雇用保険

年金

労災

医療保険

令和元年後




平成31年前



平成30年後        





平成30年前



平成29年後





平成29年前






平成28年後




平成28年前






平成27年地






平成27






平成26年再

平成26






今は労災保険の問題を解説しています。
今回は、平成28年後期(問題はこちら)平成26年再試験(問題はこちら)の2つの問題です。



平成28年後期試験 問11

この問題に労災保険も入っており、すでに解説済みです。



労災保険の部分を見てみます。

D 労働者災害補償保険は、通勤途上における負傷も保険給付の対象としている。 

→◯

労働者災害補償保険制度
(=労災保険)は仕事中や通勤中に起こったケガや病気に対して保険給付を行う制度ですね。
問題文にある「通勤途上における負傷」は給付の対象です。
昨日解説した、平成30年前期試験も同様に「通勤途上の負傷」が出題されました。
仕事中だけでなく通勤途上(通勤中)も保険給付の対象であることをおさえます。

通勤中の事例として、例えばラッシュを避けるために通常の出勤時間よりも早く出発して事故にあった、普段はバス通勤をしているが会社に申告していない自転車通勤をして転倒して怪我をした、などがあります。
保険給付が認められるかどうかはそれぞれのケースによります。
保育士試験ではこのような具体的な事例は出題されていませんので、ここまでの学習は必要ありません。



平成26年再試験 問7

この問題もすでに解説済みです。



労災保険の部分を見てみます。

労働者災害補償保険  -  公共職業安定所(ハローワーク) 

→×

労災保険の実施機関がハローワークかどうかという問題でした。
労災保険に関する業務は労働基準監督署が行います。
企業による労働基準法違反がなされていないかを監督する役割があり、
労働者からの不当解雇、給料未払い、ハラスメントなどの相談に対応する機関です。

また、労災の保険給付は、労働者が所属している会社の所在地を管轄している労働基準監督署長あてに請求します。「保険給付の手続き」厚生労働省)
本人はもちろん、所属している会社が本人に代わって請求することも可能です。
これまでの試験で保険給付の請求先までの出題はありませんが、平成26年再試験では実施機関が出題されていますので、一応おさえておくと安心です。

次回も引き続き労災保険制度についてです。