「社会福祉」の社会保障に関する内容(生活保護や年金、介護保険など)を分析しています。
平成26年までさかのぼって出題内容を一覧にしました。


生活保護

介護保険

雇用保険

年金

労災

医療保険

令和元年後




平成31年前



平成30年後        





平成30年前



平成29年後





平成29年前






平成28年後




平成28年前






平成27年地






平成27






平成26年再

平成26






今は労災保険の問題を解説しています。
今回は、平成26年再試験の問題です。
平成26年再試験は、労災保険に関する問題が3問も出題されました。(問6、7、10)
問6、問7は解説をしたので、今回は問10です。
問題はこちらです。




平成26年再試験 問10
 
次の文は、社会保障制度に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を × とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。
 
A 育児休業給付および介護休業給付は、雇用保険制度によって支給される。
B 労働者災害補償保険では、通勤による負傷も給付の対象となる。 
C わが国においては国民皆保険皆年金体制が整備されている。
D 医療保険は、高齢・障害・死亡等による長期的な所得の損失に対して保険給付をする制度である。    
  
(組み合わせ) 
   A B C D 
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ ○ ○
5 × ○ × ○

雇用保険、労災、年金、医療保険が一緒に出題されました。

では、設問を1つずつみていきます。

A 育児休業給付および介護休業給付は、雇用保険制度によって支給される。

→◯

雇用保険制度の概要(厚生労働省)の2ページ目に体系図があるように、雇用保険の「失業等給付」のうち、「雇用継続給付」とは高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付です。
職業生活が円滑に継続していくことを援助するための給付ということですね。

失業等給付はいわゆる失業手当だけでなく、就職促進や教育に関する費用の給付や、育児休業給付、介護休業給付などもあることがポイントです。


B 労働者災害補償保険では、通勤による負傷も給付の対象となる。  

→◯

通勤中の負傷は労災保険の対象ですね。

平成31年前期、平成30年前期、平成28年後期、そしてこの平成26年再試験に共通して、通勤災害(通勤途上の負傷)が労災保険の対象になっているかどうかということが出題されました。
繰り返し出題されていますので、今後も出題される可能性が高いです。

今のところ「通勤」「通勤途上」などという言い回しで出題されていますが、「会社から自宅までの帰宅中」などと出題されることがあるかもしれません。
通勤は、出勤と帰宅の意味がありますので、もちろん帰宅も通勤に含まれます。



C わが国においては国民皆保険皆年金体制が整備されている。


→◯

「国民皆年金」は原則20歳から60歳未満の国民が年金制度に加入することです。
「国民皆保険」は原則全ての国民が公的医療保険に加入することです。
これらは1961年に確立されたということもおさえます。


D 医療保険は、高齢・障害・死亡等による長期的な所得の損失に対して保険給付をする制度である。   

→×

問題文の「高齢・障害・死亡等による長期的な所得の損失に対する保険給付」とは、医療保険ではなく年金制度です。
年金給付の主要なものが、老齢年金、障害年金、遺族年金の3種類となります。



労災保険に関しては単独で出題されたことはなく、この問題のように他の社会保障と絡めた出題ばかりです。
次回は労災保険の出題まとめ、テストと続きます。