「社会福祉」の社会保障に関する内容(生活保護や年金、介護保険など)を分析しています。
平成26年までさかのぼって出題内容を一覧にしました。


生活保護

介護保険

雇用保険

年金

労災

医療保険

令和元年後




平成31年前



平成30年後        





平成30年前



平成29年後





平成29年前






平成28年後




平成28年前






平成27年地






平成27






平成26年再

平成26






今回より医療保険の問題を解説しています。
上の表のように、医療保険に関する問題はあまり出題されていないため、過去問レベルの学習で十分と言えます。
よって医療保険についてはあまり時間をかけずに進みたいところです。
今回は平成30年前期試験の問題です。



平成30年前期試験

問9は、労災保険、医療保険、雇用保険が含まれた問題でした。
この問題は、以下ですでに解説しています。



医療保険の部分のみをピックアップして、もう少し詳しくみていきます。



 大学を卒業後、銀行に約 15 年間勤めていたXさんは、銀行を退職して、長年の夢であった花屋を開業したため、国民健康保険に加入する手続きを行った。

→◯

問題のXさんは、銀行に勤めていた時は健康保険に加入していたが、退職して国民健康保険に切り替えたということですね。

現在は国民皆保険であり、国民の全てが何らかの公的な医療保険に加入しています。
公的な医療保険は大きく2つに分かれており、「健康保険」と「国民健康保険」です。

■健康保険 会社に勤めている人などが加入
■国民健康保険 自営業者無職の人などが加入

それ以外にも、公務員を対象とした共済組合、船員を対象とした船員保険などがありますが、保育士試験でこれらの名称の出題はありません。

まずは、 「健康保険」と「国民健康保険」の対象者をおさえることがポイントです。

そして、過去の保育士試験では、健康保険や国民健康保険の保険給付の内容が出題されました。
今回は健康保険において受けられる給付の種類を紹介します。

①療養費     
②高額療養費
③傷病手当金
④出産手当金
⑤出産育児一時金
⑥埋葬料

それぞれの具体的な内容までは出題されていません。
この中では、④や⑤といった出産に関わる手当が健康保険から支給されていることがポイントです。
保育士試験とも関わりがありそうなところですね。 

次回も引き続き医療保険についてです。