令和元年後期試験「社会福祉」の問題を解説しています。
今回は問14の関連援助技術に関する専門用語です。


令和元年後期試験 問14
 
次の文は、社会福祉の援助技術に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A ケアマネジメントとは、生活問題を抱えている人に対し、効果的・継続的に必要なサービスを組み合わせて援助していくことである。

B ネットワーク(ネットワーキング)とは、サービスを必要とする人が、地域の社会資源を活用するために、有効な組織化を推進していく方法である。

C スーパービジョンの主な機能には、「教育的機能」と「支持的機能」と「管理的機能」がある。

D ソーシャルアクションとは、関係機関の専門職でチームを形成し、目標に向かってチームの強みを意識し、チームの強みを意図的に活用して支援することである。

(組み合わせ)
   A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ × ○ ×
3 ○ × × ○
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○

関連援助技術に関する専門用語を問う内容でした。
言い回しでは判断できず、語句の意味を知っている必要がありました。

1つずつ見ていきます。

A ケアマネジメントとは、生活問題を抱えている人に対し、効果的・継続的に必要なサービスを組み合わせて援助していくことである。

→◯

文章の通りです。
ケアマネジメントの定義として、厚生労働省では
「利用者が地域社会による見守りや支援を受けながら、地域での望ましい生活の維持継続を阻害するさまざまな複合的な生活課題(ニーズ)に対して、生活の目標を明らかにし、課題解決に至る道筋と方向を明らかにして、地域社会にある資源の活用・改善・開発をとおして、総合的かつ効率的に継続して利用者のニーズに基づく課題解決を図っていくプロセスと、それを支えるシステム」
としています。
簡単に言うと、利用者にニーズに対して、必要な福祉サービスを結び、実施するということですね。


B ネットワーク(ネットワーキング)とは、サービスを必要とする人が、地域の社会資源を活用するために、有効な組織化を推進していく方法である。

 →◯

文章の通りです。
利用者から網の目のように人間関係がつながっている状況や、専門職や関係機関などの間の連携をネットワークといいます。


C スーパービジョンの主な機能には、「教育的機能」と「支持的機能」と「管理的機能」がある。

→◯

スーパービジョンの意味については平成28年前期「社会的養護」問4に出題がありました。
スーパービジョンとは、施設長や基幹的職員(スーパーバイザー)が、経験の浅い職員や問題を抱えている職員(スーパーバイジー)に対して、その能力を最大限に生かしてよりよい支援ができるように援助することである。
→正しい文章です。

簡単に言うと、スーパーバイザーが他の職員(スーパーバイジー)を養成するということですね。

主に3つの機能があります。
①「教育的機能」知識やスキルを補う
②「支持的機能」精神的に支える
③「管理的機能」関係を整える

これ以外に評価的機能がありますが、保育士試験においてこれまで出題されたのは上の3つです。

D ソーシャルアクションとは、関係機関の専門職でチームを形成し、目標に向かってチームの強みを意識し、チームの強みを意図的に活用して支援することである。

→×

ソーシャルアクションとは、個別に援助するだけでなく、個人が問題を抱える社会自体を改善しようという働きかけのことです。
行政機能などに対応を求める行動ということですね。
問題文は「チームアプローチ」の説明です。

ソーシャルアクションに関する問題は、平成29年前期「社会福祉」に出題されています。

社会福祉におけるソーシャルアクションは、福祉サービスを必要としながら福祉サービスを利用できていない人を発見することを意味する。
→こちらも誤った文章で、問題文は「アウトリーチ」の説明です。


以上、問14の解説でした。
この問題と似た問題もたびたび出題されていますので、その中で平成28年前期試験の問12を紹介します。
 
次の文は、関連援助技術についての記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A スーパービジョンは、保育士の経験不足を補う教育的機能、支持的機能、管理的機能がある。

B カウンセリングは、聞き上手な保育士なら誰でも行うことができる容易な援助技術である。

C ケアマネジメントは、ケースの発見から終結に至る過程をもち、計画した支援をモニタリングすることが求められる。

D ネットワーキングは、異なる専門職が連携して支援することを意味しており、ボランティアがネットワークに入り込むことはない。

(組み合わせ)  
   A B C D
1 ○ × ○ ×
2 ○ × × ○
3 × ○ ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ×

もちろん専門用語の意味を知っておく必要がありますが、B「誰でも行うことができる容易な」D「入り込むことはない」という言い回しは×と判断できますね。
正解は1です。

専門用語の意味を問う問題は、このように言い回しで判断できることもありますが、しっかりと覚えて区別がついていれば確実にとれます。
カタカナの専門用語は苦手意識を持ちやすいですが、暗記を後回しにせず、時間をかけて覚えたいですね。

次回は問13、問14に関した専門用語に関するテストを載せる予定です。