あさって3月1日の管理栄養士国家試験は、現時点(22時に情報更新)で実施ということで、とても気になります。
北海道では緊急事態宣言を発表し、不要不急の外出を控えるようにと注意しています。
会場の一つである北海道でも実施されるとすると、受験するかどうかは受験者の判断に任せるということでしょうか。
受験者は今まで仕事や家庭を両立させながら勉強してきたと思いますから、もちろん試験は受けたいと思います。
ですが、この状況ですからどうしたらいいのでしょうか。
北海道だけではなく他の地域も同様に、この状況に置かれた方がとてもかわいそうです。
4月の保育士試験も同じようなことになりそうで心配です。



さて、なかなかマスクが手に入らないので今日は私と子どものマスクを作りました。
私の分は白のガーゼで3枚、子どもの分は模様があるガーゼで2枚。
赤ちゃんの時にたくさん買っていたガーゼで作りました。

DSC06568

















このマスク、なんと針も糸も使っていません!
「裁ほう上手」という布用のボンド(接着剤)を使いました。

①布を三つ折りする
②両はしから2回折って貼り付け、ゴムを通す部分を作る
③ゴムを通して結び、結び目が見えないように中の方に入れる

こんな感じで1枚あたり10分もかからずに作成できました。

これは裏面です。
右下がちょっと浮いてますが、大丈夫です。
DSC06570

「裁ほう上手」は子どもの幼稚園準備品で必要となって購入したものです。
見栄えや手間から、ここに糸は使いたくないんだけどな〜という時にペタッとくっけられるのでとても便利です。

右がスティックのりのような固形タイプ、左が液体タイプです。
どちらもそのままでは弱いのですが、アイロンをあてると不思議としっかりくっつきます。
液体の方はしばらく匂いがきついので、マスクを作るとなると固形タイプの方がおすすめです。
マスクがなくて作りたいけど裁縫は苦手という方は是非使ってみてください。
私もあと何枚か作る予定です。

なんでも不自由なく買えて暮らせる時代に、まさかマスクを手作りすることになるとは思いませんでした。
ないものは作る、という貴重な経験となりました。
今回の件で、安全で安心して過ごせることはどれだけ平和なことかということを考えています。