法律や制度の制定年を古い順に並び替える問題は、「児童家庭福祉(子ども家庭福祉)」「社会福祉」によく出題されています。
同じような内容が出題されますので、両科目の出題を確認します。


児童家庭福祉

社会福祉

令和元年後期

3

17

平成31年前期

2

-

平成30年後期

15

2

平成30年前期

-

1

平成29年後期

-

1

平成29年前期

2

7

平成28年後期

19

18

平成28年前期

-

-

平成27年地域

-

-

平成27

-

14

平成26年再

4

3

平成26

-

-

 
今回は平成28年後期試験「社会福祉」の問18を解説します。


平成28年後期試験 社会福祉 問18
 
次の社会福祉に関係する法律を制定された順に並べた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)
B 「発達障害者支援法」
C 「児童虐待の防止等に関する法律」(児童虐待防止法)
D 「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)
E 「障害者基本法」

(組み合わせ)
1 A→B→D→C→E
2 B→E→A→C→D
3 C→D→E→B→A
4 D→A→C→E→B
5 E→C→B→D→A

前回の解説で、試験では基本的に法律の正式名称が出題されるとお伝えしました。
幸いこの問題では、正式名称だけでなく通称まで書かれてあります。
ただ毎回このような形とは限らないので、やはり正式名称もしっかりおさえておきたいですね。


まずはAです。

A 「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)

「障害者差別解消法」は2013年に制定された法律です。
これまで出題された、制定年を並び替える問題の中では最も新しい法律です。
今後これ以降の法律も出題されるかもしれませんが、基本的に「障害者差別解消法」が最も新しいと考えるとよさそうです。
「障害者差別解消法」は、あとで解説するE 「障害者基本法」の基本理念にのっとっていることが第一条の目的で述べられています。


次にBです。

B 「発達障害者支援法」

「発達障害者支援法」は2004年に制定された法律です。



次にCとDです。

C 「児童虐待の防止等に関する法律」(児童虐待防止法) 
D 「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律」(障害者虐待防止法)

これに「高齢者虐待防止法」を含めた3つの法律は「虐待防止法」という関連性がありますね。
対象が、児童→高齢者→障害者の順で制定されています。
 

「児童虐待防止法」は2000年に制定
「高齢者虐待防止法」は2005年に制定
「障害者虐待防止法」は2011年に制定


最後に、Eです。 

E 「障害者基本法」

今まで解説してきた並び替え問題には出てきていなかった法律です。
つまり、平成28年後期試験から後には出題がないということですね。

「障害者基本法」は1993年に制定された法律です。
障害者福祉の基本事項や、国・地方公共団体の役割などが定められ、障害者の自立や社会参加を推進することを目的としています。
36条からなる比較的コンパクトな法律であり、基本的施策が述べられています。

もともと「心身障害者対策基本法」という名称で1970年に制定され、1993年に改正されたことで名称も新たに「障害者基本法」として制定されました。

「障害者基本法」の内容面に関する問題は、最近は出題がありません。
念のため過去問を1つ紹介します。

平成26年「社会福祉」問6
次のうち、「障害者基本法」に規定されている事項として誤ったものを一つ選びなさい。

1 障害者の生活機能の回復のための施策
2 共生社会の実現
3 公共的施設のバリアフリー化
4 差別の禁止
5 自立支援給付

1から4は全て「障害者基本法」に述べられている施策です。
5の自立支援給付とは、利用者がサービスを利用する際に費用の一部を行政より給付されるものです。
これは「障害者総合支援法」の第6条で定められています。
 自立支援給付は、介護給付費、特例介護給付費、訓練等給付費、特例訓練等給付費、特定障害者特別給付費、特例特定障害者特別給付費、地域相談支援給付費、特例地域相談支援給付費、計画相談支援給付費、特例計画相談支援給付費、自立支援医療費、療養介護医療費、基準該当療養介護医療費、補装具費及び高額障害福祉サービス等給付費の支給とする。」



まとめ

障害者基本法

1993年

児童虐待の防止等に関する法律

2000年

発達障害者支援法

2004年
障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律2011年

障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律

2013年

 
次回も並び替え問題を解説します。