令和元年後期試験「社会福祉」を12月から解説してきました。
関係する過去問を紹介したり、テストを作ったりしているうちに、あっという間に3月末になってしまいました!

今回からは、次回試験に向けて重要と思われる過去問をピックアップしたいと思います。
まずは、ほぼ毎回出題されている社会福祉の関係機関や施設等に関する問題についてです。

例えば、
・母子健康包括支援センターを定めている法律は何か?
・地域包括支援センターは誰を対象とした支援を行うか?

などということが理解できているか問われています。
過去問を紹介しますので、学習の穴がないか、知らない内容はないかということを是非ご確認ください。





令和元年後期試験 問15
 
B 地域包括支援センターは、配偶者暴力相談支援センターとしての機能を果たすようになった。
C 配偶者暴力相談支援センターの機能には、生活資金の給付が含まれている。

これはすでに解説済みですが、もう一度紹介します。 

B 地域包括支援センターは高齢者の相談窓口であり、「介護保険法」に定められています。
配偶者の暴力相談とは異なる機関ですね。

C 生活資金の給付はありません。


答え B× C× 


平成31年前期試験 問7
 
次のセンター名と支援の内容の組み合わせのうち、誤ったものを一つ選びなさい。

1 医療型児童発達支援センター ――― 医療的ケアが必要な子どもへの支援
2 地域包括支援センター ―――――― 介護等を要する高齢者への支援
3 地域活動支援センター ―――――― 障害者に対する社会参加等の支援
4 基幹相談支援センター ―――――― 生活困窮者に対する支援
5 配偶者暴力相談支援センター ――― 暴力被害女性に対する支援

◯◯センターという名称がまとめて出題されています。
1、2、5についてはこれまでの学習で答えられますが、3、4が難しいですね。
それぞれ規定されている法律を知っていると答えを導くことができます。

1 医療型児童発達支援センター  「児童福祉法」
2 地域包括支援センター介護保険法」
3 地域活動支援センター 「障害者総合支援法」
4 基幹相談支援センター「障害者総合支援法」
5 配偶者暴力相談支援センター 「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」

地域活動支援センターと基幹相談支援センターがともに「障害者総合支援法」で定められていることを知っていれば、これらが障害者を対象とした機関であることがわかりますね。
よって4の記述が×です。
この基幹相談支援センターとは、障害者から相談を受け、必要な情報を提供したり、関係機関と連携したりする機関です。


答え 4

平成30年後期試験 問5
 
次の文は、児童福祉分野の他機関連携に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 「児童発達支援センター」は、発達障害児の早期発見のための相談支援事業を行うために「発達障害者支援法」に基づいて設立され、医療機関、保健センター、保育所、学校等の関係機関との連 携が求められる。

B 「母子健康包括支援センター」(「子育て世代包括支援センター」)は、妊産婦や乳幼児等が切れ目なく支援を受けられるよう関係機関に連絡調整することにより、児童虐待の発生予防等に寄与する ことが期待される。

C 「児童相談所」は、児童に関する家庭その他からの相談のうち、専門的な知識及び技術を必要とするものに応じる等、様々な業務を行っているが、管轄区域内の福祉事務所及び関係機関等との連 携を図らなければならない。

D 「発達障害者支援センター」の設置により、障害児に対する虐待の早期発見・早期対応を図るための関係機関等のネットワークづくりが進められた。

(組み合わせ)
   A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × × ○
4 × ○ ○ ×
5 × × ○ ○


A 「児童発達支援センター」

Aの文章は、Dの文章内にある「発達障害者支援センター」の説明です。
これは発達障害者への支援を総合的に行う機関です。

また、児童発達支援センターとは「児童福祉法」に定められた児童福祉施設の一つですね。
障害のある児童が通所し、集団生活に適応するために訓練する施設です。
ちなみに、この児童発達支援センターを経営する事業は第二種社会福祉事業に分類されます。
この辺りも試験で出題されますので、整理しながら覚えます。
こちらもご覧ください。




B 「母子健康包括支援センター」(「子育て世代包括支援センター」)

よく出題される印象がありますので、しっかりと覚えたい施設です。
「母子保健法」に定められている機関であり、法律における名称は「母子健康包括支援センター」、実際に実施されるときの名称は「子育て世代包括支援センター」です。
こちらもご覧ください。

 

D 「発達障害者支援センター」
発達障害者への支援を総合的に行う機関であり、虐待対応の機関ではありません。

答え 4



いかがでしたでしょうか?
次回に続きます。