こんにちは。
保育士試験が実施される4月18日まであと21日となりました。
2月末にコロナウイルスの保育士試験への影響という記事を書き、3月の様々な試験が中止になったことを紹介しました。

それから1ヶ月経ち、残念ながら感染者は増える一方です。
現時点では保育士試験は予定通り開催されるということですが、状況が変化する可能性があることも伝えられています。
札幌、青森、福島、栃木、群馬、埼玉、千葉、佐賀、宮崎、鹿児島の試験会場がまだ決まっていないことも心配です。

保育士試験と同じく4月に行われる各種試験について調べてみました。
いくつかの試験をピックアップします。

潜水士 厚生労働省管轄 国家試験(4月1日)→実施予定
ただし、事前連絡をした方については、試験日変更や受験料の返還という特別措置を実施しています。

実用数学技能検定(4月12日)→一部中止
東京都内のすべての会場が中止となり、ほかの検定日に振替受検となりました。

TOEIC(4月12日、19日)→中止
今後の試験日に振替受験、もしくは返金となりました。

情報処理技術者試験、情報処理安全確保支援士試験 経済産業省管轄 国家試験(4月19日)→中止
代替試験などは検討中ということです。


このように、さまざまな試験が中止を発表しています。
保育士試験の場合は、密室空間、密集場所、密接場面というクラスターの条件を特に満たす二次試験もありますね。
会場へ行くこと自体の不安もあります。
ですが、 現時点で中止をしないということは開催をしたいという強い意思が感じられます。
おそらく今は安全に安心して受けてもらうには会場をどのように設営するか、ということなどをいろいろと検討されているのではないかと思います。

もし、試験が中止となった、または自分の判断で受験を放棄したとしても、新しい気持ちで次の試験に向かって勉強に取り組むことができたら素敵だと思います。
このブログでは引き続き、保育士試験に向けて頑張る方を応援していきます。
試験勉強でストレスや睡眠不足もあることと思いますが、どうかご無理をなさらずお過ごしください。