社会福祉の科目における「社会福祉協議会」の出題をまとめています。
前回の社会福祉協議会②のポイントは3つでした。

・共同募金の実施主体は、社会福祉法人共同募金会であること。(社会福祉協議会ではないこと)

・共同募金会が共同募金を行うには、あらかじめ都道府県社会福祉協議会の意見を聴き、配分委員会の承認を得て、共同募金の目標額や受配者の範囲、配分方法を定め、公示しなければならないこと。

・社会福祉協議会は民間組織であること。


社会福祉協議会に関する問題の出題一覧は下の表です。
今回は平成29年後期試験の問6を確認します。
これは1問丸ごと社会福祉協議会に関する問題でした。

平成31年前期

4、問17

平成30年後期

17、問18

平成29年後期

6

平成28年後期

9、問14

平成28年前期

18

平成27年地域

20

平成26年再

15

平成26

16、問17、問18、問19


【神奈川県】

平成30年  

17         

平成29

6、問8     






平成29年後期試験 問6
 
次の文は、社会福祉協議会に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を ×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 社会福祉協議会は、「社会福祉法」によってその設置が定められている。
B 市町村社会福祉協議会の主な取り組みの一つに、社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助が挙げられている。
C 都道府県社会福祉協議会は、地域福祉の推進を図ることを目的として設置された民間団体である。
D 社会福祉協議会は、共同募金事業を行う共同募金会を兼務することが定められている。

(組み合わせ)  
   A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ○
3 ○ × ○ ×
4 × ○ ○ ○
5 × × × ○

AとDは、先にあげた社会福祉協議会①社会福祉協議会②のポイントで解くことができますね。
また、このAとDが分かるだけでも正しい答えを選ぶことができます。

一つずつ見ていきます。

A 社会福祉協議会は、「社会福祉法」によってその設置が定められている。

→◯
社会福祉協議会①に書いていますように、社会福祉協議会は「社会福祉法」の第109条から第111条に定められています。

また「社会福祉法」は、地域福祉の推進(第4条)が定められている法律です。
社会福祉協議会が地域福祉を推進する組織であることがイメージできれば、「社会福祉法」に結びつけられますね。


B 市町村社会福祉協議会の主な取り組みの一つに、社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助が挙げられている。 

→◯
この「社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助」とは、例えばボランティア活動に参加したい人に対して、活動を紹介することです。

「社会福祉法」第109条第1項では、市町村社会福祉協議会の主な取り組みを定めています。
一 社会福祉を目的とする事業の企画及び実施
二 社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助
三 社会福祉を目的とする事業に関する調査、普及、宣伝、連絡、調整及び助成
四 前三号に掲げる事業のほか、社会福祉を目的とする事業の健全な発達を図るために必要な事業


あとで解説する予定ですが、平成30年神奈川県試験では、この第109条第1項のうち、第一号・第二号が出題されています。


C 都道府県社会福祉協議会は、地域福祉の推進を図ることを目的として設置された民間団体である。

→◯

問題文の「都道府県社会福祉協議会」は、「市町村社会福祉協議会」でも成り立ちます。
 
まず、社会福祉協議会は地域福祉の推進を図ることを目的としていることが「社会福祉法」に定められています。
平成29年後期、平成28年後期と出題がありましたので、このまま覚えたいです。

「社会福祉法」第109条
市町村社会福祉協議会は、一又は同一都道府県内の二以上の市町村の区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、(略)」

「社会福祉法」第110条
都道府県社会福祉協議会は、都道府県の区域内において次に掲げる事業を行うことにより地域福祉の推進を図ることを目的とする団体であつて、その区域内における市町村社会福祉協議会の過半数及び社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加するものとする。」


また、社会福祉協議会は民間の組織であることは社会福祉協議会②で説明しているとおりです。



D 社会福祉協議会は、共同募金事業を行う共同募金会を兼務することが定められている。

→×

社会福祉協議会と共同募金会は別の組織ですね。
共同募金については社会福祉協議会②のポイントにあげていますように、実施主体は社会福祉法人共同募金会です。
この共同募金会を社会福祉協議会が兼務するということは定められていません。

 

今回は、
・社会福祉協議会の主な取り組みとして、社会福祉に関する活動への住民の参加のための援助があること
・社会福祉協議会は地域福祉の推進を図ることが目的であること



この2つがポイントでした。

次回に続きます。