実技試験まであと10日を切りました。
受験される方は最後の仕上げをされているところだと思います。
今回はコロナの影響により、いつもの試験と異なる点がいくつかありそうです。

①待ち時間が少ない
受験生が少ないため、東京や神奈川など例年待ち時間が長くなるような会場でも短時間で終わりそうですね。
あまり待ち時間がないのは楽ですが、遅れないように、指定時間に指定教室へ入室するよう注意したいです。


②体温測定の可能性がある
神奈川県のホームページによりますと、試験当日の朝に検温してチェックリストに記入することや、チェックリストを忘れた場合は会場で検温することが書かれています。
「基準値(37.5℃)を超えた場合は受験することができません」としています。
コロナに感染しないことはもちろんですが、風邪をひかないように注意したいです。
当日までに無理せず過ごし、体調を整える必要がありますね。


③マスクを外した時の表情に注意
試験の内容から考えて、音楽や言語の試験ではマスクを外すことになります。
おそらく実技を行う部屋に入るタイミングで、マスクを外す指示がありそうです。
マスクをつけることに慣れていると、大事な場面でも顔がこわばり、表情が作りにくいかもしれません。
歌やお話を始める前の振る舞いから見られていますので、油断して無表情にならないように気をつける必要がありますね。



さて、この前「夢を叶えるための4つのC」を紹介させていただきましたように、実技試験当日は何より自信が必要です。
自信満々!という方は少ないと思いますし、緊張してミスをしたらどうしよう!?という不安を抱えている方が多いと思います。

音楽と言語については、試験開始前、面接官に受験番号シールを渡し、氏名と受験番号を伝えます。
緊張もあるため、この場面で自然と笑顔になることはなかなか難しいです。
しかし、ここで自信を持ってしっかりと顔を上げ、面接官と目を合わせ、笑顔を見せることができれば、好印象を与えることができます。
面接官への好印象が合格に結びつく可能性が高いですので、自信を持って臨みたいですね。

また、これまでブログに書いた実技試験対策の記事を、今回の前期試験に向けてまとめました。
何かひとつでも参考になることがありましたら幸いです。




実技試験(共通)に関する記事一覧

実技試験直前!当日までにやっておきたい5つのこと
あと10日ですので、健康管理を優先し、無理せずゆっくりすることが大切です。


実技試験に何を着ていくか迷ったらコレ!おすすめの服装
清潔感のある服装と笑顔が好印象を与えます。


実技試験に持って行きたい!6つのアイテム
今回は受験生が少ないので、あまり待ち時間もなさそうですね。
ただ、心を落ち着かせるようなアイテムを持参しておくと安心です。



音楽に関する記事一覧

音楽表現に確実に合格するための8つのポイント
合格するための8つのポイントを紹介しています。


高度な伴奏が歌より目立つ!?ピアノ経験者の落とし穴
ピアノ経験者やピアノが得意な方は、レベルの高い伴奏をしてしまうことがあります。
音が響きすぎて歌声が負ける可能性がありますので、ペダルを使わず、シンプルな伴奏がベストです。




造形に関する記事一覧

造形に関する技術の過去問分析と予想問題(令和2年前期試験)
個人的には今回は保育室外かなと思っており、砂場遊びやどろこん遊び、水遊び、園庭で虫の観察(カタツムリなど)、アサガオの種まき、手洗いうがいなどを予想しています。


造形表現の試験当日の様子(再現)
4年前の出来事になりますが、実際の試験当日の様子を再現しています。



言語に関する記事一覧

言語表現合格のための7つのポイント
手引きや試験概要を参考に、合格のためのポイントを7つ紹介しています。
平成31年試験用に書いた内容ですが、お話が「ももたろう」「3びきのこぶた」「おおきなかぶ」「3びきのやぎのがらがらどん」に変更になっている以外は同じです。

 

以上、実技試験対策まとめでした。
当日まで無理せずお過ごしください。