養育支援訪問事業について過去問を紹介しました。
学習ポイントをまとめます。

根拠法「児童福祉法」
第6条の3第5項の条文がそのまま出題される場合もあるので条文をおさえます。
「この法律で、養育支援訪問事業とは、厚生労働省令で定めるところにより、乳児家庭全戸訪問事業の実施その他により把握した保護者の養育を支援することが特に必要と認められる児童(第八項に規定する要保護児童に該当するものを除く。以下「要支援児童」という。)若しくは保護者に監護させることが不適当であると認められる児童及びその保護者又は出産後の養育について出産前において支援を行うことが特に必要と認められる妊婦(以下「特定妊婦」という。)(以下「要支援児童等」という。)に対し、その養育が適切に行われるよう、当該要支援児童等の居宅において、養育に関する相談、指導、助言その他必要な支援を行う事業をいう。」

地域子ども子育て支援事業の1つであり、他の事業とあわせて出題されることがあります。
例えば、養育支援訪問事業の事業説明が、利用者支援事業や乳児家庭全戸訪問事業の事業説明になって出題されることがあります。

養育支援訪問事業の概要(厚生労働省)の事業の目的・内容をおさえます。
障害児に対する指導、訓練、療育などの支援はないことがポイントです。

・「養育支援訪問事業実施要綱(平成29年4月)」に基づいて実施される事業であるため、実施要綱からは出題されやすいです。
新旧対照表では平成29年にどの部分が改正されたかが示されているので、改正された部分をチェックされるのもおすすめです。



今回は、これらをもとにしたまとめのミニテスト(10問)です。
別画面で全画面表示できるようにしています。
うまく表示されない方は以下からお試しください。
別画面に表示されます