保育士試験合格応援ブログ

保育士試験を受験する方を応援するブログです。 ブログを読んだ方が1問でも多く正解し、保育士試験に合格しますように!!

保育士試験合格応援ブログ イメージ画像

実技試験対策

音楽表現に続いて、造形表現について書いていきます。実技試験の造形表現とは、簡単に言うと「絵を描くこと」です。45分という限られた時間内に絵を描いて、色鉛筆で色も塗ります。音楽表現や言語表現と違う点は、当日まではっきりとした課題が発表されていないということで
『造形表現は3つの実技試験で最も合格しやすい!?』の画像

音楽表現についての合格のポイントをまとめました。まず、実技試験は50点満点で最低合格点数は30点です。採点は減点方式といわれ、たとえば、つけてもつけなくてもいい前奏や後奏をつけたことで加点されるわけではありません。イメージとしては、演奏や歌、印象などの項目に
『音楽表現に確実に合格するための8つのポイント』の画像

「どんぐりころころ」に続き、「バスごっこ」の伴奏についての説明です。「バスごっこ」の伴奏については分散和音で弾くのがおすすめです。分散和音とは、和音といっても二つ以上の音を同時に弾かず、1音ずつ分けて弾くということです。例えば、Cのコードを演奏する場合、和
『2019年実技試験「バスごっこ」の伴奏』の画像

音楽表現の試験は楽譜を持参できるので、ほとんどの受験生が持参した歌詞付きの楽譜を見ながら弾き歌いをします。もちろん暗譜(暗記)して試験を受けるに越したことはないですが、目の前に楽譜があると安心ですね。さて、楽譜を見ながらにもかかわらず歌詞を間違えて歌うと
『演奏だけでなく、歌詞の覚え違いに注意』の画像

音楽表現において、課題曲に前奏、後奏をつけるかどうかは迷うところです。 平成31年前期試験の試験概要では、前奏・後奏はつけてもよいとありますので、つけることで減点されるといった心配はないですね。試験は1番のみの弾き歌いなので、課題曲が短いものは前奏・後奏とも
『前奏・後奏の具体的な演奏方法』の画像

↑このページのトップヘ